業務の流れを円滑にする|ワークフローシステムを比較しよう

作業の時間を短くする

パソコンを触る女性

電気設備の業務は、現場だけでなく事務作業もあります。現場が終わって、図面や見積もり書などを作成しなくてはなりません。作成をする際には、細かい作業や確認事項が多く時間がかかります。効率良くするには、電気設備CADを導入しましょう。

もっと見る

時間短縮

ネット

紙タイプのタイムカードを使用している企業は少なくありません。ですが、手書きができるタイムカードだと、不正打刻する可能性がありますし、集計に時間がかかります。時間削減や不正防止のためにも、クラウド型の勤怠管理システムを導入しましょう。

もっと見る

目的にあったシステム

PCを操作する男性

消耗品や業務に必要なものなどがある際には、発注書を作成しなくてはなりません。発注書は、エクセルやワードを使って作成し、印刷して上司に承認をもらう必要があります。承認がないと発注することができません。作成した発注書を印刷するとなると、コストがかかってしまいます。また、発注書は保管しなくてはなりませんが、スペースが取られてしまいますし、紛失してしまう可能性があります。また、書類を探すのにかなり時間がかかってしまうこともあるでしょう。さらに、提出した発注書はどこまで承認されているか状況が分かりません。そういった問題を改善するには、ワークフローシステムを入れておくと良いでしょう。ワークフローシステムを入れておけば、ペーパーレス化を図ることができます。印刷をしなくても良くなりますし、保管するためにスペースを確保する必要はありません。そのため、紛失することはありませんし、探す手間を省くことができるでしょう。また、書類がいまどこにあるのか状況を把握できますし、承認が得られるまでの期間を知れます。

ワークフローシステムに対応している外部企業は多くあります。それぞれ提供しているサービス内容が違うので、システムの機能性を比較してみましょう。比較することによって、自社に適したワークフローシステムを見つけることができるのではないでしょうか。比較をしてみて気になったところがあれば、その企業に問い合わせてみましょう。

精神的な病気を防ぐ

オフィス

健康診断と同じように、ストレスチェックは定期的に行う必要があります。診断を受けることで、従業員全ての結果を知ることができ、それを把握することができます。また、その数値結果を元に改善や対策を行えるでしょう。

もっと見る