業務の流れを円滑にする|ワークフローシステムを比較しよう

精神的な病気を防ぐ

オフィス

企業では、定期健康診断の実施を行わないといけません。健康診断は、法律で定められています。また、企業に勤めている従業員が50名以上だった場合、ストレスチェック診断を受ける必要があります。ストレスチェック診断は、2015年の12月に義務付けられた法律で健康診断と同じように定期的に行う必要があります。ストレスチェック診断を受けることで、生産性の低下を防ぐことができるでしょう。生産性は目に見えるものではないので、気づかない方も多いといえます。また、自分ではストレスがあると気づかない従業員も少なくありません。知らない間にストレスが溜まり、精神的な病気を発症してしまうこともあるでしょう。メンタル失調者が現れてしまうと、数か月休養を取らないといけません。従業員の中には、退職をしないといけないという方もいるでしょう。従業員は、企業にとって大切な人材です。症状の悪化や心の健康状態を従業員本人に知ってもらうためにも、ストレスチェック診断を受けていた方が良いといえます。ストレスチェック診断は、個人だけでなく従業員すべての集計結果を報告されます。その結果を元に全国の平均、年齢、部署別で分析することができ、組織全体のストレス度を経営者は把握できます。従業員の心の健康状態を良くするためにも、ストレスチェックを行いましょう。診断を行う際は、対応している外部企業があるので依頼しましょう。質問紙方式やWEB方式で診断を行っているので、ストレスチェックに時間をかけずに行えます。