業務の流れを円滑にする|ワークフローシステムを比較しよう

時間短縮

ネット

出勤や退勤をする際には、打刻を行います。以前であれば、紙を使用したタイムカードや、自己申告用で行っていました。会社によって今でも手書きのタイムカードを使っているところもあるでしょう。手書きのタイムカードでも、退勤管理することができます。しかし、勤怠時間を書くために、行列ができてしまうことがあります。そのため、カードに記入できなかった、出勤時間までに席に着けなかったなどのトラブルが起きてしまいます。また、不正打刻をする可能性もあります。さらに、勤怠管理を行っている担当者としても、集計時に手間がかかりますし、管理を把握できないメンバーが出てきてしまうこともあるでしょう。さらに、紙を使用したタイムカードを使うとなると、コストがかかってしまいます。時間の記入、不正防止、集計の手間などの問題を改善するには、勤怠管理システムを導入しましょう。

勤怠管理システムの中には、クラウド型のものがあります。クラウド型の勤怠管理システムは、ネットができる環境であればどこでも利用することができます。また、このシステムは導入する際は、インストールがいらないですし、コストを削減が可能です。タブレットで勤怠を押すことができるため、出勤時などの人が集中しやすい時間帯でも行列ができるということはないでしょう。クラウド型の勤怠管理システムは、集計を行う際には手間がかかりません。管理者の負担を軽減することができますし、人件費を抑えることも可能です。