業務の流れを円滑にする|ワークフローシステムを比較しよう

作業の時間を短くする

パソコンを触る女性

電気設備業となると、図面を作成したり、依頼のあった企業に見積もりを出したりなど色々な事務業務があります。事務業務となると、現場での作業を終わらせてから取り掛かるという方も少なくありません。現場作業はお昼に行うのが大半で、図面作成や見積もりなどの業務は夜遅くなってしまうこともあるでしょう。また、見積もり作成を行う際には、細かい積算作業を行わなくてはなりませんし、労力を割かれます。資材を拾い出して原価を出したり、単価を出したりと作成に時間がかかってしまいます。少しでも業務効率をアップさせたいという企業は、電気設備CADを導入してみてはいかがでしょうか。電気設備CADには、今まで使用していたCADやエクセルなどにはない機能が多く含まれています。そのため、今まで作成にかかっていた時間の3分の1くらいで処理することができます。電気設備CADは、業務にかかる時間を短縮してくれるので、負担を減らすことができるでしょう。電気設備CADは、図面作成だけでなく、見積もり書を出すことも可能です。ボタンをクリックするだけになっています。全資材の積算をすぐに行うことができ、見積の書類を発行することができるでしょう。手書きやエクセル、従来のCADでのミスや漏れを防ぐことができるので、電気設備CADを使用していた方が良いでしょう。電気設備CADの機能は、PDFやJWCAD、DXFファイルの読み込みができます。さらに、紙図面だった際には、専用のスキャナを使用して、CADに取り込むことができる機能もあります。